RasPi
Home > RasPi > 記事 > 2015年5月 > RasPi2にWin10 IoT Coreプレビュー版

RasPi2にWin10 IoT Coreプレビュー版

カテゴリ: 手順メモ

各所で情報が出ていたことに漸く気付き、自分でもRaspberry Pi2にWindows 10 IoT Core Insider Previewを入れてみました。

…一番上の参考サイトをメインで参考にさせて頂いたのですが、手続き的というか、本来はあまり必要ではなさそうな部分の作業が多い感じがしました。

 

目次

  1. イメージファイルの入手
    1. アカウント登録&ログイン
    2. イメージファイルのダウンロード
  2. イメージファイルをmicroSDカードに焼く
    1. 母艦PCに環境を設定
    2. イメージファイルを焼く
  3. 起動

長いので目次を用意してみました。

あと、先に概要を。

  • 必要なもの:RasPi2、microSDカード、Win10環境ないし後述するWindows ADK RC for Windows 10。
  • 結果:インストール完了。が、シャットダウンのはずがリブートしたり、ドライバ関連と思しき挙動不審があったりしたので今後の改善待ち。

では、以下本文。

1.イメージファイルの入手

1-1.アカウント登録&ログイン

ここにアクセスしてMicrosoftアカウントでログインします。

 


続いてConnectへの登録という画面が表示されるので「続行」で。

 


パブリックIDの入力を求められるので入力して使用条件に同意のチェックを入れて「続行」。

 


アカウント情報を入力し、確認して「次へ」。

 


アンケートが2つ並んでいるのでこれらを消化します。

 


「I Agree」にチェックを入れて「送信」。アンケートというわりには何かを入力するような場所は無く。

もう片方も同じようにチェックを入れて「送信」。これでアンケートが消えます。

 

1-2.イメージファイルのダウンロード


ダウンロードタブを開くとようやくダウンロードページが出てきます。

一番上の「Windows 10 IoT Core Insider Preview Image for Raspberry Pi 2」を選びます。

 


また画面が変わるので一番下でチェックを入れて「ダウンロード」へ。

…と思ったのですが、何度やってもダウンロードされず。

キャプチャ画面からお分かり頂けるかと思いますがChromeで作業していました。

もしかして、と思いInternet Explorerにブラウザを変えて先ほどのURLからログインして進み直しました。

 


正解!IEで試したら1発でインストーラが動いてくれました。

逆に言えばIEじゃないとダウンロードできないのか!

(ボタンではない横の文字だけの「ダウンロード」から行けばおそらく他のブラウザでも同じものが入手できるはず。)

 


漸くダウンローダが起動するので、ここからダウンロードします。こちらから作業しましたが、単一版の方が早いかもしれません。

 


ダウンロードが完了すると「Windows_IoT_Core_RPI2_BUILD.zip」という名前のzipファイルが手に入ります。

中身を解凍すると上のような感じ。

どうやらFlash.ffuというファイルを使用する模様です。

 

2.イメージファイルをmicroSDカードに焼く

2-1.母艦PCに環境を設定

イメージファイルが手に入ったので、あとはこれをmicroSDカードに書き込めば良いのですが、それにも専用コマンドを使用します。

…しかも、Windows10環境のみでサポートされているオプションを使用して。

Windows10プレビュー版をインストールしてあるPCがあれば話は早いのですが、そうそうインストールしているはずもなく。

仮想マシンでも良いらしいのでいっそVirtualBoxとか使用してWin10環境を構築するか。

しかし、参考サイトに拠れば「Windows ADK RC for Windows 10」という開発キットの中に必要なものが入っているということなので、これを用意すれば良いようです。

入手はここから。


ページの一番下にあります。これをダウンロード&インストール。

 


インストーラを起動して進み、今使っているPCにインストールするので上で。

 


カスタマーエクスペリエンスはNoで良いと思います。

 


ライセンスに同意。「Accept」で。

 


色々インストールするオプションを聞かれますがとりあえずデフォルトで「Install」。

ちょっと待てばインストールが完了します。再起動は不要です。

 

2-2.イメージファイルを焼く

続いて、microSDカードをPCにセットした上で、管理者権限でコマンドプロンプトを起動します。

Win7ならスタートメニュー→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプト。

ただし、直接起動せずに右クリックして「管理者として実行」で。


起動したら

> diskpart

でdiskpartを起動し、

> list disk

でmicroSDカードがどのディスク番号に割り当てられているのか確認します。

私は16GBのカードを挿したので、ディスク1だと分かります。

 


ということで、実際にカードにイメージを焼くコマンドを打ち込みます。

> "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\x86\DISM\dism.exe" /Apply-Image /ImageFile:"D:\win10\Windows 10 IoT Core Insider Preview Image for Raspberry Pi 2\Windows_IoT_Core_RPI2_BUILD\Flash.ffu" /ApplyDrive:\\.\PhysicalDriveX /SkipPlatformCheck

だいぶ長いですが、順番に見て行きます。

まず最初は先ほどインストールした開発キットの中からdism.exeを起動しています。「"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\x86\DISM\dism.exe"」がそれ。

後ろに付いている「/Apply-Image」というオプションがWin10環境でないと動かない、という問題児です。しかし、開発キットをインストールした今の環境なら問題なし。

続く「/ImageFile:」が使用するイメージファイルを指定しているオプションですね。

今回は「"D:\win10\Windows 10 IoT Core Insider Preview Image for Raspberry Pi 2\Windows_IoT_Core_RPI2_BUILD\Flash.ffu"」にイメージファイルがあるのでこれを指定。半角スペースがあるのでダブルクォーテーションで囲んでいます。

「/ApplyDrive:」がイメージを焼く先のドライブを指定するオプション。ここで、先ほどlist diskで調べたディスク番号を入力します。

上のコマンドでは「/ApplyDrive:\\.\PhysicalDriveX」としていますが、この「X」の部分に番号を入れます。つまり、私の場合ならディスク1だったので

> "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\x86\DISM\dism.exe" /Apply-Image /ImageFile:"D:\win10\Windows 10 IoT Core Insider Preview Image for Raspberry Pi 2\Windows_IoT_Core_RPI2_BUILD\Flash.ffu" /ApplyDrive:\\.\PhysicalDrive1 /SkipPlatformCheck

となります。なお、上の画像でエラーを起こしているのはイメージファイルのパスを間違えたため。コマンドは中身をきちんと確認するように。

 

3.起動


焼き終わったらmicroSDカードをRasPi2に挿して起動してみましょう。何度かリブートと思しき暗転が起きますが放置。

しばらく待ちます。上の画像は起動中。

 


最後にこんな画面が出れば完了です。お疲れ様でした!

この画面からだとIPやタイムゾーンの設定くらいしかできませんね…。言語はまだ英語のみです。

 


ところで、右上からシャットダウンしようとしたらなぜかリブートしてしまい、どうやってもシャットダウンできなかったので強制的物理的に電源を切りました。

情報を集めたところ、海外のツイートで同じような症状が出ていると思しきツイートを見かけたので、そういった症状も発生しうるということを備忘録として記しておきます。

他にも、Win8以降のOS起動中の砂時計(青い台形のWindowsのマークの下で白い円がぐるぐるまわるアレ)が正常に表示されなかったり、マウスが操作できなかったり(他のUSBポートに挿し直してもダメ。他のマウスだと大丈夫だった。)、とちょっと動作的にまだ不安定っぽい点が見受けられました。

後2つはドライバ関係かなー、と思うのですがシャットダウンがリブートになるのは今後fixされるのを待つ感じで。

 

以上でとりあえずインストール完了です。

タグ: インストール, Win10

 



関連する記事一覧